マンション売却の情報が満載!

このサイトではマンション売却の失敗を避けるために必要な情報を紹介してます。
売る時のリスクに注意点、売る時に伴う危険や悪徳業者に関しての注意なども詳しく解説してます。
大体の人は売る時には不安なもので、売れるまでの主な流れや税金、どうすれば売れるかなども着になります。
何も知らないで行ってしまうと希望価格で売れなかったり、トラブルになったりと注意が必要なので事前の知識はとても役立ちます。
ここではどんなことに注意すべきかをポイントでお知らせします。

マンション売却の失敗を避けるには

マンション売却の失敗を避けるには マンション売却で失敗しないために重要なのが売る時に、販売力がある不動産会社を探すことです。
成功するかは会社選びにかかっていて、例えば失敗すると売り出し価格も安すぎて損したり、高すぎて売れない、買い手との交渉も決裂、相談にも応じてくれないこともあります。
成功すると希望価格で売れて、買い手も売り手も満足出来る条件での合意、色々相談にものってくれます。
販売力がある不動産を探すには一括査定サービスが便利で、インターネットから無料で査定依頼出来るサービスです。
これを利用すると、空いた時間に1回マンションの情報を入力するだけで、複数の会社へ査定依頼が可能です。
紹介される会社もサービスを提供する会社が選定した一流で信頼できる会社なので、自分で探すよりも安心です。
一流の会社から最も高く売ってくれる会社を比較し選ぶことが可能です。

マンション売却の損失と所得税・住民税の節税

マンション売却の損失と所得税・住民税の節税 マンションを売却して損失が出た場合、所有者が個人か法人かで税務の取り扱いが異なります。
法人の場合は、収入や損失の内容によって収支を分類する仕組みがないので、マンション売却による損失と、その他の事業活動による利益は差引することができます。
個人の所得に対する課税は所得税と住民税です。
所得税は国に納める国税で、住民税は住所地の地方自治体に納める地方税ですが、この二つは税率などに多少の相違がありますが基本的な課税の仕組みは同じです。
マンションなどの不動産譲渡は分離課税と言って、給与や事業による収入などの総合課税の所得とは区分して、単独で税金を計算する方法です。
これは、総合課税の所得は累進税率と言って、所得が大きいほど高い税率がかかりますが、不動産譲渡のような臨時で高額な収入まで累進税率で課税するのは合理的でないためです。
そのため、個人がマンション売却で赤字になっても原則として節税にはなりませんが、自宅として使っていた場合は赤字を給与などの他の所得から差し引いて節税することができます。
不動産譲渡の赤字を他の所得から差し引くことを損益通算といいますが、その要件は所有者の自宅としていたことで、住民票によって確認します。

マンション売却に関するお役立ちリンク

マンション 買取