マンション売却の情報が満載!

マンション売却に伴う危険

マンション売却に伴う危険 マンションの売却に伴う危険として、売買契約の成立から引き渡しまでの期間に放火や自然災害などで被害を受けたときの費用負担があります。
法律上は買主が負担するように決められていますが、実際には売主側になるように契約の際に特則を入れるのが一般的です。もし特則がなかったとしても、この被害で保険金を受け取っていれば買主側から引き渡しを求められるので、基本的には売主が負担すると考えた方が良いです。
マンションを売却する際に告知義務に違反しないように注意も必要になります。違反すれば売買契約が取り消しになったり、損害賠償金や修繕費用などを求められる危険性があります。告知するべき義務はマンションの雨漏りのような物理的な瑕疵、周辺に工場があって騒音や振動が生活に影響するレベルであるなどの環境的な瑕疵、その部屋で殺人事件や自殺者がいたなど購入を躊躇う動機になる心理的な瑕疵です。売買契約を締結する前に文章化して伝えるとされていますが、それによって中止になる恐れがあるので早めに口頭で告知した方が良いでしょう。

マンション売却において値下げの判断は重要

マンション売却において値下げの判断は重要 マンション売却において、物件がいつまでたっても売れない時に一番に思いつくのは値下げではないでしょうか。
物件の価格を下げるということですが、これはほとんどの場合に有効な方法となります。例えば、それまで2,200万円だった物件が急に2,000万円になったらほとんどの場合に購入希望者が増えるでしょう。非常に有効な方法ですが、その半面で売主にとっては大きな損をする可能性もあるリスクが高い方法です。2,200万円で売れた場合と比較してみたら一目瞭然ですよね。単純に200万円も損をしています。なので、値下げは基本的に最後の手段とするべきです。
その前に「なぜマンションが売れないのか」という理由を考えてみてください。原因がわかったら、それに対して個別に対策を立てていきます。不動産会社の実力が低いことが問題だったら、仲介してもらう不動産会社を変更するといった具合です。マンションの価値は年々下がっていきますので、物件が売れないと精神的にも追い詰められていきます。そんなときでも焦らずに冷静な判断をすることが大切ですよ。